木衣の不毛漫画置き場

漫画やイラストを描いてイキイキしてる人の生息地。

MENU

今週のイラストまとめ(2020年9月6日)

スポンサーリンク

 

 

こんにちは。

 

本日、人生初のギックリ腰を発症しました。

きいです。

 

本当に「ピキッ」という効果音が出そうなくらいでびっくりしました。

今まで幸い腰関係の痛みを患ったことがなかったので、一瞬何が起こったか分からず…

 

激痛で立てない!といったほどではなかったのですが、腰を曲げると鈍い痛みがあったことから一日挙動不審で過ごしました。

 

思えば、ここ一週間創作も含めて、朝から晩まで座りっぱなしの作業をしていたな…と反省。

 

時間が惜しいため、休憩する間も惜しんでいたのが仇となったようです。

 

皆様も、どうかデスクワークなどの際はこまめな休憩と軽い運動を忘れず、腰をいたわりましょう。

 

 

…さて。

本日はイラストコーナーです。

 

今週は『デジタル強化期間』と勝手に銘打っていたため、デジタルの落書きなどが多めです。

 

それでは早速いってみましょう。

 

 

目次 

 

 

 

カップケーキ

カップケーキ

 

一応創作漫画「ハルとクロード」のクロードさんのつもりだったのですが、原型がありません。

 

…実はこちらの落書き、初めて「photoshop」で描いたものなのです。

 

長らく購入したいと思っていたphotoshopをこの度手に入れたので、描き心地を確認する意味で描いてみました。

 

普段使っている「CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)」とはだいぶ違い、ペンがすごく滑らかに動かせたのが印象的でした。

ですがやっぱり、漫画を描くことに特化したクリスタの方が、個人的には操作しやすいです。

 

フォトショップはあくまで「写真加工」に特化したソフトなんだな~という感じでした。

使っていくうちにまた変わってくるかもしれませんが。

 

 

ペアルック

ペアルック

 

こちらはクリスタで作画したものです。

 

線の感じやスクリーントーンなど、お手軽に「漫画感」が出せるのはやっぱりクリスタならではだと思いました。

 

ちなみに、フォトショップでもトーンを貼れると知ったので試してみたのですが、想像以上に複雑な操作が必要でした。 

 

この辺りの「クリスタとフォトショップ・操作の違い」なんかもまた別で記事にしたい所です。

 

 

デジタル背景練習

デジタル背景練習

 

私は、デジタルが苦手です。

そして背景も苦手です。

 

なので「デジタル背景」はいわば「苦手のダブルパンチ」です。

 

メイキング

(途中経過)

 

ずっと避けてきたのですが、色々あって「これからはやはりデジタルもできなきゃダメだ…!」となったため、猛然と練習するようになりました。

 

ちなみに、こちらのイラスト。

 

写真を見ながら一から描き起こしたのですが、

作画にトータルで7時間かかりました。

 

 

私はこの長時間作業が腰痛(ギックリ)の引き金になったのでは…と睨んでいます。

 

慣れないことはするもんじゃないですね。(切実に)

 

 

…そして、苦労して完成させたこちらの絵を見て、私はあることに気付きました。

 

やっぱり、アナログ絵の方が好きだ…!!

 

 

シンプルで無駄がないデジタル絵はすっきりしていていいですが、やはり私は多少デッサンが狂っていても、線が粗くても、「手描き感」が色濃く残る作風に憧れるのです。

 

 

手描き感

(線の粗さでデッサンの狂いを誤魔化しているアナログ絵の例)

 

 

デジタル絵は今後も練習したいですが、手描きのよさももっと出せるよう、アナログ絵はそれ以上に練習していきたいです。

 

 

それでは、本日はこの辺りで失礼致します!

 

 

繰り返しますが、皆様もどうか「長時間の座り作業」と「姿勢」にはくれぐれもお気を付けください!!

 

 

 

スポンサーリンク