木衣の不毛漫画置き場

カオスな漫画や生産性の低い文章を書いてイキイキしてる人の生息地。

MENU

お気に入りの緑画像をクリスタで「ライン抽出」させてみた

こんにちは。

 

最近運動不足なので、

「架空の犬を飼っていることにして、散歩という名目で近所を歩く」

という中々ヤバイことをしています。

きいです。

 

そんなエアー犬の名前は「ヴィクトル」。柴犬の男の子です。(今決めた)

私は犬の中で柴犬が一番好きなので、いつか「エアー」じゃない

本物のヴィクトルをお迎えするのが夢です。

 

 

…さて。

散歩といえば、近所の田んぼを歩いていたら田植えが始まっていました。

 

田んぼ

 

以前「棚田が好き」というお話をペン画小話の方でしたのですが、

「水がたっぷり張られた田んぼ」も同じくらい好きです。

 

www.kii-humoumanga.com

 

なので、ちょうど「今」が私にとって田んぼ鑑賞のベストシーズン。

 

個人的に5~6月は

「緑が最も綺麗に見える季節なのでは」と思っています。

 

「これから夏に向かっていく期待」のようなものを感じさせてくれるからでしょうか。

 

 

それに関連して、本日は

私の厳選した5~6月の緑画像(風景)をご紹介したいと思います。

 

しかし、普通に紹介しても面白くないので、

 

お絵かきソフト「クリップスタジオEX」の「ライン抽出機能」で、

漫画の背景風に加工したものも合わせて載せてみます。

 

 

…と、いうのも、私は長らくこの「ライン抽出機能」が気になっていました。

 

ライン抽出

 

ボタンを押すだけで、写真を一瞬で線画加工してくれるという、

まさに漫画描きホイホイなこちらの機能。

 

この抽出機能は主に「ビル群」「建物」など、

比較的無機物の背景に向いており、自然物には適さないと言われています。

 

ですが今回、それをあえて「緑いっぱいの自然風景」に適用することで、

一体どのように線画が抽出されるのか、そして本当に自然物には向かないのか、というテストも兼ねて行いたいと思います。

 

それでは早速いってみましょう。

 

 

 

まずはこちらの写真。

 

竹林


昨年の5月に撮影した京都・嵐山の竹林です。

 

夏を思わせるまぶしい太陽と、緑の柔らかな雰囲気がお気に入りの一枚。

 

では、こちらをモノクロ加工でライン抽出してみると…

 

 

 

ホラーな竹林

 

 

いや、ホラーかよ。

 

なにこれ、めちゃくちゃ怖いやん…

 

抽出できているものの、ほとんど黒でつぶれてしまっています。

ホラー漫画の冒頭、確実に何かが起こるのを暗示させる時の一コマです。

 

ここに漫画っぽくセリフを入れると…

 

フラグ竹林

 

 

見事なフラグシーンに

 

間違いなくこの姉弟、あと数ページ後に何らかの怪奇現象に襲われます。

 

 

続いてはこちら。

 

苔

 

苔の庭園です。

 

こちらも同じく去年の5月撮影。

柔らかな光と苔の安心感が、ホッとしたひと時を感じさせてくれます。

 

それでは、ライン抽出してみます。

 

 

苔ライン抽出

 

 

「仮死状態になった人が、うっかり見た地獄の先端」

みたいな景色が出来上がりました。

 

あの苔のモフモフさ、柔らかさ、すべてがゼロに還っています。

 

 

…ちなみに、「向いている」

と言われている「ビル群」でやってみた結果が、以下になります。

 

ビル群

(数年前、台湾で撮影)

 

 

ビル群ライン抽出

 

 

ものすごく漫画の背景っぽい!!

 

建物はもちろん、車までばっちりです。

 

 

結論

 

・自然物のライン抽出はやっぱり向いていない。

 

・緑色は無に還りがち。

 

 

以上です。

 

 

それでは、本日はこの辺りで失礼致します!