木衣の不毛漫画置き場

カオスな漫画や生産性の低い文章を書いてイキイキしてる人の生息地。

MENU

描いていて楽しいコマ、そうじゃないコマ

こんにちは。

 

部屋の窓を全開にしていたら蚊が数匹飛び込んできて、しっかり血を吸われました。

きいです。

 

気が付いたら腕と足がかゆくなっており、退治を試みるも既にどこかへ逃げた後でした。

完全なる「吸い逃げ」です。

 

暑い上、さらに蚊に刺されるというのは不幸以外の何物でもないため、

せめて刺された箇所に「蚊からのおわびメッセージ」でも浮き上がってエンタメ感を演出してほしいものです。

 

蚊からのメッセージ

(これなら刺されてもちょっと許せる)

 

 

…さて。

本日の私は漫画の下書きをしたり、ペン入れをしたりしていました。

 

最新話ペン入れ

 

 

ところで、このブログは「漫画置き場」と言いながらも、

あまり漫画に関することに触れていないのが(私の中で)問題になっているため、

たまには創作の裏側的なものを呟こうと思います。

 

…という訳で、今回は「漫画振り返りコーナー」です。

 

こちらは何かと言いますと、前回アップした漫画の中から、

「描いていて一番テンションが上がったコマ」と

「一番テンションが下がった(苦戦した)コマ」

を紹介するというものです。

需要がありそうでなさそうなコーナーですね。

 

 

先週更新した話(11話)はこちら。

www.kii-humoumanga.com

 

 

 という訳で、まずは早速

「描いていて一番テンションが上がったコマ」です。

 

 

 

11話楽しい

(ハルとクロード 第11話 6ページ)

 

靴です。

 

なんだかんだ靴が超楽しいのです。

 

私は人間の体の中で好きなパーツを上げるとしたら、

 

・足(太ももからつま先まで全部)

・二の腕

・鎖骨

 

の順です。

 

…ともすればサイコシリアルキラーみたいな危険発言ですが、

私はこれらのパーツを舐めるように眺めたいだけなので、大変健全です。

 

ちなみに、高校生の時はこの順位が

・鎖骨

・足

・二の腕

で、「とにかく明るい鎖骨推し」だったことから、親しい友人からは

「さこつ」

というあだ名をつけられました。

 

安直にもほどがある。

 

今でもその時の友人と会うと、

「え~久しぶり!さこつ!!元気?」

などと町中でナチュラルに呼ばれるのですが、私はその度に

 

「いや、さこつって何やねん、誰やねん」

と脳内で冷静な突っ込みを入れています。

 

…話が脱線してきました。

 

まとめますと、私は現在「足推し」なのです。(謎情報)

 

 

中でも革靴やローファーといった「テカテカしてる靴」を履いている足が好きなため、

漫画内で執拗に靴のアップが出てきた時はお察し下さい。

 

 

お次は、反対に「描いていて苦戦したコマ」です。

 

それがこちらです。

 

大変なコマ

(ハルとクロード第11話 3ページ)

 

室内のアオリです。

 

以前「パースが強くつく構図が苦手」という話をしたのですが、

下から見た室内はまさにそれです。

 

www.kii-humoumanga.com

 

上から見た場合(フカン)も苦手なのですが、アオリはそれ以上に毎回苦戦します。

 

こちらのコマも、線画をデジタルに取り込んでから、何度も修正しました。

 

背景は一度ドツボにハマると抜け出すまでに時間がかかるので、

たくさん練習してコツをつかんでいきたいです。

 

 

…とまぁ、「楽しかったコマと、そうでないコマ」

についてはこんな感じです。

 

6割ぐらいが「足」と「鎖骨」の話題ですが…)

 

これからも、描いていて印象に残った1コマなどありましたら、

このように話のネタにして消化したいと思います。

 

 

それでは、本日はこの辺りで失礼致します!