木衣の不毛漫画置き場

カオスな漫画や生産性の低い文章を書いてイキイキしてる人の生息地。

MENU

旅行記書きます宣言

 

こんにちは。
旅に出たい欲がマックスを超えたので、コンコルドを強奪して飛び立ちそうです。
きいです。
 
私は旅行やお出かけ、知らない場所に行くのがとにかく好きなので、
家に引きこもっているとウズウズしてしまいます。
もうこれ以上耐えられそうにありません。
 
…そこで、あることを思い付きました。
 
外出ができないぶん、私が今までしてきた「珍道中」を
文章にして発散しよう。
 
つまりは、旅行記を書こう!です。
 
大学時代、バイトに明け暮れては国内外様々な所に出没していた私。
 
王道観光地からチベット内モンゴルウズベキスタンといったディープゾーンまで、その場所は多岐にわたります。
 
私は計画性皆無のため、旅行はいつもハプニングに溢れており、
まさに「珍道中」という言葉がピッタリです。
 
 
…ですが、数々のネタを持ちながら、今までどこにも記録を残さずにいました。
 
ネタが膨大すぎることもあり、
「いつか旅行記を書こう」とは思っていても、タイミングが分からず放置していたのです。
 
ならば、もうこれは自粛中の今書くしかありません。
 
過去の旅行を思い出し文章にすることで、有り余る外出欲を消化するのです!
 
 
 
…というわけで、これから普通の日記や創作漫画に加え、
旅行記もぼちぼち書いていく所存です。
 
さらにこのブログがカオスになりそうですが、
今に始まったことではないので、まあいいでしょう。(開き直り)
 
 
そうと決まれば、重要なのはネタ選び。
 
つかみが大事な初回のネタは、こちらにしようと思います。
 
ズバリ、
滋賀県彦根の旅」。
 
 
ウズベキスタンチベットの後だと、どうしてもインパクトに欠けてしまいますが、
この旅は日帰りながら、私の「強烈だと思う旅ランキング」トップ5に入ります。
 
殿堂入りしたわけは、旅に出た動機。
 
観光に行ったのではなく、
「新幹線の窓から見える景色を求めて放浪した」結果、
たまたまたどり着いたのが彦根だったからです。
 
――???
クエスチョンマークが浮かぶこと必須です。
 
 
電車や新幹線に乗っている時、窓の外に気になる風景を見つけた経験はありませんか?
 
可愛いとんがり屋根の家、妙に派手な看板、綺麗な棚田がある景色…
 
風のごとく走る列車からは、様々な風景を拝めます。
 
恐らく普通なら、ちょっと気になる風景を見つけても、
数秒後には切り替えて違うことを考えることでしょう。
 
しかし私は
筋金入りのアホ&思考が男子小学生なので、
気になる風景を見つけてしまうと、ずっとそのことばかり考えてしまいます。
 
今から数年前の4月、新幹線の窓から一瞬だけ見えた「ある景色」。
時間にすると1秒にも満たなかったでしょう。
 
 
これは、その1秒未満の景色に魅せられた一人のアホが、
気合と根性で冒険に出かける、痛快旅行劇である――
 
 
…というのは誇張しすぎですが、
そんなよく分からない経緯で私は彦根に向かったのです。
 
 
詳しい冒険(?)の模様は、次回から書いていきたいと思います。
 
自粛の今だからこそ、旅に思いを馳せましょう!
 
それでは、本日はこの辺りで失礼致します。
 
(つづく)