木衣の不毛漫画置き場

カオスな漫画や生産性の低い文章を書いてイキイキしてる人の生息地。

MENU

携帯ショップdeひと悶着

こんにちは。

 

台所でカチャカチャ音がしたので、家族がいると思って話し続けていたら誰もいませんでした。

きいです。

 

食洗器が来たことをすっかり忘れていたため、「台所で音がする=誰かいる」

という感覚が抜けずにいる私。

機械に向かって一生懸命しゃべっていたと思うと恥ずかしい限りです。

 

ちなみに、その時語りかけていたのは

「食洗器って思ったより使えないよね」

という話題でした。

 

人間に置き換えたら、

「悪口を聞いていた相手が当の本人だった」

という、ものすごく気まずくなるパターンのやつです。

 明日辺りにも食洗器の隙間から包丁が伸びてきて刺されるかもしれません。

 

 

…さて、

今日は貴重な1日休みということもあり、色々な雑務を片付けていました。

 

「やらなくちゃ」と日々思っていることほど、なかなか手を付けられないのが人間の性(さが)というもの。

 

私の場合、そのうちの一つに、

「携帯契約の見直し」

がありました。

 

現在アンドロイドのスマートフォンを、月々「5ギガプラン」で契約しているのですが、

「実際使用している容量は1.2ギガほど」

という大層勿体ないことをしています。

 

私は基本、外出中は携帯を機内モードにしているため、

Wi-Fiに繋がっている環境でしかネットは見ません。

 

加えてゲームやその他娯楽アプリもほぼ使用していないことから、

毎月のギガ消費量がめちゃくちゃ少ないのです。

 

これは契約見直しをして、容量が少ない、かつ安いプランに乗り換えるしかありません。

 

 

…ということで、私は近くの某携帯ショップを訪問。

 

早速受付のお姉さんと一緒に、現在使用している契約内容を確認します。

お姉さんは手元の端末を操作し、携帯会社に登録されている私の情報を検索。

――が、ここでとある事件が発生。

 

いつまで経っても、肝心の「私の個人情報」が出てこないのです。

 

それはつまり、携帯会社に私の情報がないことになってしまいます。

そうなるとプランの変更どころか、乗り換えもできません。スーパー大問題です。

 

「携帯会社と契約してスマホを使っていたつもりが、実は契約していなかった」

という訳の分からない可能性が私の頭をめぐります。

 

個人情報検索のために必要なのは「携帯電話番号」と「誕生日」、そして「契約者の氏名」のみ。

どれも間違える余地はありません。

 

ですがこれだけ何回もやって出てこないとなると、焦りから私はついにこんな思考に至ります。

 

もしかして、20数年間信じてきた自分の氏名が実は違っていた…!?

 

なぜか「証人保護プログラム」というワードが頭に浮かびました。

完全にそういう映画の見過ぎです。

 

とはいえ「これはおかしい」ということになり、

お姉さんは私のスマホを借りて、内部の「設定」を確認し始めました。

 

と、そこで第二の事件が発生。

 

何かの弾みでお姉さんが「ダウンロード」という表示をタップ。

 

すると、

 

Googleドライブからダウンロードした自分のイラストたちが、画面いっぱいに大量開示されました。

 

…これだけでも発狂モノなのですが、

その際一番大きく表示された画像というのが、数日前にツイッターに上げた、

「80年代の衣装を着て絡み合う男女」。

 

瞬間、体中からすべての血の気が引きます。

 

とっさに

「アアァアッぁあああああああああああああああ」

とお姉さんの手からスマホを奪い取る私。

 

お姉さんは引きつり笑顔を浮かべ、若干引いていました。

 

 

…その後、無事に私の情報は見つかり、見積もりも完了。

どうやら、以前契約した際に担当してくれたショップの方が、私の誕生日を間違えて登録していたのが原因だったようです。

 

しかし、私は「何か大事なものを失った感じ」がしてなりませんでした。

 

皆様も、携帯ショップに行く場合は、万が一に備えて

「画像フォルダ」を徹底的に整理しておくことをお勧めします。

 

 

それでは、本日はこの辺りで失礼致します。