木衣の不毛漫画置き場

カオスな漫画や生産性の低い文章を書いてイキイキしてる人の生息地。

MENU

初めてのぬるぬるアニメ作り

こんにちは。

横断歩道で待っていても頑なに車にスルーされます。

きいです。

 

本日は貴重な一日休みだったため、死ぬほど爆睡したり漫画を描いたりしていました。

 

私は普段、クリップスタジオペイント(クリスタ)というソフトを使って漫画やイラストを描いています。

 

そのクリスタに、最近「アニメ機能」がついていることに気が付きました。

ソフト購入から約1年。

遅すぎる発見ではありますが、人類にとっては偉大な一歩です。(何がだ)

 

もしかしたら、このソフトでぬるぬる動くアニメが作成できるのでは…!?

 

淡い期待を抱いた私。

「自分の絵が動く」、絵を描いている者にとって、これ以上の感動はありません。

 

幸いなことに今日は休日。時間があるうちに早速試してみることにしました。

 

アプリを開くと、セル画や中割など馴染みのない言葉が並びます。

 

悪戦苦闘しながらも、ついに短いgif画像を完成させることができました。

 

外ではどこかの家がシロアリ業者を呼んで工事をしていたため、「バゴゴゴゴゴ!!!」と爆音に包まれての作業でしたが、できてしまえばもうこっちのもんです。

 

それでは、シロアリ業者と格闘しながらも、私が初めて完成させた記念すべきアニメがこちらです!!

 

 

 

 

 

 

 

f:id:riquewhir97:20200220182611g:plain

 

 

???

 

 

 

何コレ???

 

 

 

 

「顔がゲル状になった「新種の化け物」が花をまき散らしながら足をワキワキさせている。」

 

という小学生が見る悪夢のようなものが具現化してしまいました。

 

しかも見れば見るほど情緒が不安定になってきます。

恐ろしいものを生み出してしまった…

 

 

 

平穏な住宅街に突如響く銃声。

銃を放った機動隊員は目の前の恐怖に戦慄した。

顔は生気を失い、半開きの口から漏れる声は掠れている。

 

「バ、バカな…」

 

相手はどこまでも笑顔だった。

身体に何発もの弾丸を受け、ミサイルを撃ち込まれているにも関わらず、その軽やかな足取りをやめることはない。

あろうことか、「ソレ」はゲル状の花のようなものを周囲にまき散らした。

 

酸でできているのか、花が着地した地点からは煙が上がり、家の屋根や外壁がいとも簡単に溶かされていく。

 

「もう、終わりだ…」

 

どこかで誰かが呟いた。

 

完全に崩れ去った日常の中、機動隊員は微動だにせず降り注ぐ花の雨を眺めていた――

 

 

 

 

 

f:id:riquewhir97:20200220182611g:plain

 

 

f:id:riquewhir97:20200220184023j:plain

 

 

シロアリ業者さんに駆除してもらいました。