木衣の不毛漫画置き場

カオスな漫画や生産性の低い文章を書いてイキイキしてる人の生息地。

MENU

ペン画小話

過去に描いたペン画の紹介と、絵にまつわるエピソードをお届けします。

ペン画小話その7・水のある風景アルザス

こんにちは。 二度寝ならぬ五度寝をかましたら、過去にないくらいお肌の調子が良くなりました。 きいです。 雑すぎるスキンケア(化粧水を塗りたくるだけ)のせいで肌が不調だとばかり思っていましたが、単に睡眠の問題だったようです。 ちなみに今日は「寮…

ペン画小話その6・オランダの風車小屋

こんにちは。 「アプリコット」という言葉の響きが無性に好きです。 きいです。 母音の「a音」の次に、まさかの「プ」が来るというのは裏をかかれた感じで素敵ですね。(何が) 以前北海道に行った際、「アプリコットジュース」なるものが売っていたので試し…

ペン画小話その5・チェコの大時計(グダグダ)

こんにちは。 歩いていたら、ネギ坊主の群れを見かけました。 きいです。 ネギ坊主ができてしまうと、ネギが固くなってしまいおいしくなくなる、 と言われていますが、 これだけ見事に咲き誇っていると、農家の方もわざとやっているとしか思えません。 もは…

ペン画小話その4・ルクセンブルクの大聖堂

こんにちは。 長時間座って作業をしていたら足がつってしまったので、 「うおォオオオヴォおおおおお」 と思いっきり奇声を上げたら窓が全開でした。 きいです。 きっと半径50メートル以内に野太い悲鳴が響き渡ったことでしょう。 私は普段から部屋で一人カ…

ペン画小話その3・チベットの風景

こんにちは。 スケボーで突進してきた小学生に轢かれそうになりました。 きいです。 「20代女性・小学生が操縦するスケボーと接触し重体」 という見出しは、いくらなんでも恥ずかしすぎるので避けたい所です。 ちなみに、私が小学生に持たせたら危ないと思う…

ペン画小話その2・棚田のある風景

その1はこちら こんにちは。 久しぶりに知人と会った時、かけられた第一声が 「縮んだ?」でした。 きいです。 「大きくなったねぇ」 も微妙な一言ですが、「縮んだ?」と言われるのはそれ以上の悲しさです。 私は大学で健康診断を受けていた頃、「毎年数ミ…

ペン画小話その1 東京、上海

こんにちは。 苦手な食べ物は鶏肉で、好きな食べ物は唐揚げです。 きいです。 私は幼い頃より 肉料理 <<<<< 魚料理 という典型的な島国民族代表(?)のような嗜好をしていましたが、最近ようやく肉の魅力にも気付き始めました。 特に、唐揚げにレモン…